りらっくま君・・・その3

過去のだめんずを記事にする為に
色々思い出してみてるけど、、、

よく考えたらこのりらっくま君は
歴代のだめんずの中では一番まともだった気がする。

ひょっとしてもうちょっと私に忍耐力があって
色んな事を乗り越えてたら今も続いてた?かな?

でもあの頃は、限界だったんだよね~。

沢山のめんずと出会えたお陰で
今のこの安定した恋愛があるとすれば
それはそれで無駄では無かったのかな^^




それでは、りらっくま君の続き。。。

彼は最初こそ温厚だったけど
実は結構な短気で、私も温厚な方ではないので
よく喧嘩をするようになってた。

彼はキレると大声を出して怒鳴ったりもした。

ある時、凄くくだらない事で喧嘩をした。

私が炊飯器でチーズケーキを作って会社に持って行ったら
とても好評でみんなに褒められた事を彼に電話で話したら

「いいな~、僕もそのチーズケーキ食べたいな~
 先に僕に作ってくれても良かったじゃんーー;」

なんて、ちょっとヤキモチ妬いちゃったりして可愛いとこもあるのね
って思いながら。。。

「じゃあ週末作って持ってくね」と約束して
その週末、早起きしてチーズケーキを作り
ウキウキしながら彼の家に行った。

「見て見て~、作って来たよ~」
「オー美味しそうじゃん^^後で一緒に食べようね」

と言い冷蔵庫にしまって昼間はランチしに出掛けた。
その帰りにスーパーで買い物をして夜は私の手料理を食べた。

お腹いっぱいで横になっていたらチーズケーキを思い出し

「あれ食べる?」と聞くと
「今、苦しいからもう少しお腹が落ち着いたらね」とのこと。

夜の10時頃になり私はそろそろ帰らなければいけなかったので

「そろそろ帰るね、チーズケーキ一緒に食べれなかったけど
 明日の朝にでも食べてね」と言うと

「僕は仕事の日は朝ご飯は食べないから
 食べるなら夜帰ってきてからかな・・・
 あ、でも明日は実家に用事があるから
 多分実家で夕飯たべてきちゃうかもな~
 おふくろ僕が帰ると凄い量のおかず出すから
 明日も食べれないかも。。。」

じゃあ、いつ食べるんだ?
その次の日も仕事だから朝は食べないんでしょ?

私が作ったのが日曜日の朝だから
早くても火曜日の夜までは食べないって事ね。
これ、早起きして作った意味あったのか?

って心の中で思ったけど
帰り際に言い合いもどうかと思ったから

「そっか、じゃあ食べれる時に食べて^^;」

と、すごく頑張って普通に言った。

「うん、ごめんね、ありがとう」

って言ってくれればそれで済んだものを

「食べれる時?
 それはいつの事を指してるの?
 だって僕は明日の朝も夜も食べれないかもって言ったじゃん。
 なのにその適当な返しはおかしいよね?」

はぁぁぁ?!
だったら僕も食べたいとか僕に先に作ってとか言うなや!!

って、心の中じゃなく口に出してブチ切れてしまった。
(ほら、だから温厚じゃないって言ったでしょ)

そしたら・・・

「オレがいつ食おうが食うまいがオレの勝手だろうがーーー!!
 てめぇにいちいち指図される覚えはねぇんだよーーー!!」

と、それはそれは大きな声で怒鳴り散らした。

多分アパートの3軒先のちっちゃい商店まで聞こえてる>。<

「チーズケーキごときでそんなに怒鳴る事?」と私が冷静に言うと
「チーズケーキごときでごちゃごちゃ言ってきたのはてめぇだろうがーーー!!」

とまた怒鳴り散らす。

なんか、怒鳴られるのも嫌だったけど
それよりも、私をてめぇ呼ばわりした事が嫌だった。

てめぇって・・・男同士の喧嘩じゃないんだからさ~
悲しくなってきて泣きながら無言で帰ってきた。

家に着くまでの1時間、ずーっと泣きながら運転してた。
何度も彼から電話とメールがきてたけど出なかった。

普段はりらっくまをこよなく愛して、くま君くま君って言ってる彼が
たかだかチーズケーキで怒鳴って彼女をてめぇ呼ばわりする程の豹変振りに
ちょっと怖くなって、この先もくだらない事で喧嘩したら
あんな風になっちゃうのかな~
そのうち物が飛んできたり暴力振るわれたりするのかな~

色々考えてたら、だんだん冷めてきた。

そう言えば、知り合った頃離婚の理由を聞いたら

「元嫁は頭が良くて理屈っぽいから口論になると
 口では絶対負けないんだ。
 僕も他では口で負けたりしないんだけど
 元嫁にはかなわないから何度か物も投げたし手もあげた。

 そういう事の繰り返しで一緒に居る事に疲れたんだよね。
 性格が似てるからすぐぶつかってたのかも知れない」

って言ってたのを思い出した。

確かに彼も理屈っぽい人だった。
確かに口じゃ負けない、私なんて勝ち目無しよ。

それなのに、私と喧嘩して私が一晩連絡を無視してたら
ショックだったのか次の日、会社休んでるし・・・。

勝ち気なんだか弱虫なんだかわからない人よね。

休んだその日は1日何も口にせず(ケーキ食え!)
ずーーーっと、りらっくまを抱いて寝込んでたらしい。

まぁ、当然りらっくまに愚痴をこぼしてたんだろうけど・・・。キモッ

その時は仲直りしたけど私の気持ちが再び燃え上がる事は無く
むしろどんどん冷めていった。


職場の健康診断で、心療内科のアンケートみたいなものに
レ点を入れてくような診断があって、その結果が

「軽い鬱の傾向が見られます。
 一度、心療内科での受診をおすすめします」

だったらしく、その結果を見ただけでまた会社を休み
その度に私に暗いメールをしてきたりメソメソしてみたり
こっちが具合悪くなりそうだった。

悪いけど、私は精神的に弱い人を支えるほど強くないし
一緒に治療しようって言ってあげるほどの愛情も感じてない。

それが今の彼にならきっと言える。それだけ愛情も深い。

りらっくま君の事は最初こそ大好きだったけど
付き合えば付き合うほど嫌な面が見えてきて
ここは嫌だけどここが好きだから許せるって事が出来なくなってた。

毎週土日会ってたのも、息子の野球の試合のお茶当番だからとか
ママ友とランチするからとか適当に言って会う回数を減らしていった。

鈍感なのか彼は私が冷めてきてることに全く気付いていなかった。
ある意味、幸せな人ね。自分の事しか考えてなかったからな~。

「僕は君が何をしてても心配も気にもしてないけど
 君は僕が何をしてるのか凄く気になるでしょ」

ってメールしてきては、今日は何をしてたとか
今日は何を食べたとか、いらない情報を沢山メールしてきた。

ホントに自分の事だけなんだな~って一番感じたのが
四男の保育園の卒園式の日。

「今日は四男の卒園式だから感動でウルウルかも」
って朝メールしたけど、何の返信も無かったのに

卒園式の真っ最中にメールがきて

「今、○○湖だよ。
 凄いデカイのが釣れたよ♪
 このデカイの実物を君にも見せてあげたいよ」

と、いらない写メ付きーー;

「卒園おめでとう」とか無し。

こいつ、もう無理!って思って
それから何日後かにメールで別れを告げた。



さっき、私にもう少し忍耐力があれば
今も続いてたかもって書いたけど
思い出して書いてみたら、やっぱり無理だ。

軽いヤリ(思いやりの逆^^)しか持ってない人は
彼氏としてと言うより、人として無理。

これが私が最初に付き合っただめんず、りらっくま君でした。

  
[PR]

by yukorin1015 | 2013-08-22 14:45 | だめんず